排水管の水漏れの責任

排水管の漏水が止められない場合、元栓から止めて原因を見つけるしかありません。周囲に汚水や悪臭が広がると、2階以上に在住の人の場合、下の階の人に賠償責任を問われる場合もあります。確実に原因を見つけ、漏水、水漏れを防ぐことが大切です。

■元栓を止めるのが確実な手段

もし、排水管から漏水が見つかった場合、まずは元栓を止めることが最も有効な手段です。一時的に水漏れして止まったからと安心していると、亀裂があった場合、気づかないうちに水漏れが止まっていなくて、下層階に浸水してしまう可能性があります。もし、水漏れが見つかった場合にはできるだけ早めに対処をして、下層階への浸水を防ぎましょう。





■下層階への漏水は損害賠償へ

2階以上に在住の方で、下層階に水漏れの被害を発生させてしまった場合、下層階の人に対する損害賠償の責任を負う可能性があります。火災保険で、この補償がカバーされている場合もありますが、基本的に賃貸だとしても水道管は在住している人の財産であり、責任を問われることもあります。十分に注意して、破損による水漏れに伴う二次被害に十分に気をつけましょう。




■まとめ
水道管の水漏れは、それ自体の被害だけではなく、2階以上に在住の方であれば、下層階に水漏れの被害を出してしまうと、さらに賠償責任を問われるリスクも十分にあります。そのようなことにならないためにも、もし水漏れが発生したときには、元栓を確実に止め、それ以上に水漏れが発生しないようにしましょう。そして水道 工事業者に連絡することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ