排水管の水漏れを防ぎ長持ちさせる

排水管を長持ちさせるためには、専門業者による防錆加工や、余計な異物を流さない、クリーンな使用を心がけるなど、対処すべきことは多くあります。特にマンション経営者の場合、排水管の寿命を長くすることは、大掛かりな補修水道 工事の費用などの負担軽減につながります。

■防錆加工で長持ち

排水管も金属である以上、防錆コーティングをしているとしてもいつかはさびて、水漏れの原因になります。異物を流す、排水管を傷つける原因を多くするとさらに劣化しやすくなります。防錆加工は専門の業者がコーティング加工で、排水管をさびから守り、寿命を長くしてくれます。一戸建ての住宅やマンションでも個別で対応してくれる業者もあります。




■マンションオーナーには重要な対策

マンションオーナーにとっては、排水管の寿命を長持ちさせることはとても大切なテーマです。排水管がさび付き、水漏れなどにつながれば修理が必要になります。結果的に全ての排水管を交換することになれば、大掛かりな工事となり、多額の費用の負担が発生してしまいます。その前に専門業者に任せて、定期的にメンテナンスする方が最終的に費用の負担も少なく済みます。




■まとめ
排水管の水漏れが心配で、ある程度年数が経過しているのであれば、専門業者への防錆加工も検討してみるとよいでしょう。排水管もコーティングをされているとはいえ、10年以上経過すればさびつき、それが原因で穴が開いて水漏れになる可能性もあるため、早めの補修も有力な方法です。防錆は最終的に管の全交換よりも費用の負担を少なくできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ