排水管のつまりの水漏れ

排水管 水漏れのトラブルで多いのが何か異物が詰まっての水漏れです。排水管自体の老朽化もありますが、何かものが詰まって、水が流れなくなった結果水漏れが起こっている場合があります。基本的に水を流すときには、異物を流さないように注意して、きちんと水が流れているか確認しましょう。

■正常に水が流れているか

まず、正常に水が排水管に流れているかを確認します。水の音に異常がないか、何か詰まるような原因は考えられないかを考えてください。トイレの排水管の場合には、一度、異物を取り除くことによって、水の流れを正常化して、排水を正常にすることができます。
この場合、途中で水が詰まるような要素がないかを調べると、正常な水の流れを確認することができます。もし、自分で対応する場合が難しい場合には、専門業者に依頼して、水の流れ、異物の混入がないかチェックをしてもらうと安心です。

■水量や異常音、異臭を確認

排水管の異常の兆候は早い段階でチェックすることが可能です。実際に配管が詰まったり、完全に破損してしまうと、修理は排水管自体を全て撤去して交換する場合も考えられます。そうなると大掛かりで時間も費用もかかってしまいます。
もし、水量に異常が見つかったり、異臭が見つかった場合、早期の対処で解決できることもあります。異臭は典型的な異常のサインです。排泄物の異臭が強烈にするようになったら、排水管異常が考えられます。また、水量が逆流気味に多く溜まるようになるのも注意が必要です。


■まとめ
排水管の異常は、早期に確認して防ぐことができるケースが多くあります。少しでも水の流れが悪いと感じたら、そのまま放置してしまうとつまりがひどくなる恐れがあります。大掛かりになる前に兆候を確認して対処しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ