凍結による排水管の水漏れ

北海道や東北では冬の時期には、凍結による排水管の水漏れが発生する可能性があります。十分な水抜きをしておかないと、凍結で水が膨張してしまい、排水管を圧迫し破損させてしまうからです。事前に対策して防ぐことは十分に可能です。

■事前の水抜きで防止できる

排水管の凍結は、事前の水抜きによって破損や水漏れを防止することができますが、中にはそういった知識がなく、マンションで水抜きのことを知らない人もいます。冬の氷点下の北海道や東北で長期間、家を留守していると、水道管が凍結してしまい、中の水が凍結によって膨張し、結果的に排水管を破損して水漏れの原因になります。中長期の期間家を空ける時には、必ず水抜きを徹底しましょう。



■きちんとした確認を

凍結防止の水抜きをする場合は、全ての排水管を全てチェックして、完全に水を抜かなければなりません。不十分な対策ですと、当然ながら配管の中に水が残ってしまい、そこから凍結してしまい、それが原因で凍結して、配管を破損してしまう結果になってしまいます。水抜きの手順は元栓を抜くときに、上下水道の水を十分に抜いたかをチェックしなければなりません。なれない方は、マンションの管理会社に十分に手順を確認して、間違いのないようにしましょう。




■まとめ
凍結防止の水抜きのチェックは、十分にチェックをしないと、水漏れなどの原因になってしまいます。この点は知識がない方だと勘違いで不十分な対策になってしまうこともあるため、十分に水抜きの手順は確認して対策を講じるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ